初々しい妹の覚醒

【第六話】僕だけの初々しい妹が、ついに覚醒しました!

ボタン

2013年、ゴールデンウィークの初日に、私は初々しい妹を天日干しの刑に処しました。
そして、念のため三日間だけ放置し、その覚醒を促進させました。

 

この時の三日間、すなわち72時間という時間は、
宇宙の創生いらい最も長い72時間だったのではないでしょうか?

 

私の妹ちゃんは、野良猫に襲われていないだろうか?
私の妹ちゃんは、野良犬に襲われていないだろうか?
私の妹ちゃんは、近所の小学生に襲われていないだろうか?
私の妹ちゃんは、中国で不老長寿の伝説のキノコに間違われてはいないだろうか?

 

そんな心配はが洪水のように私の脳内を駆け巡り、ろくに眠る事もできず、かといってこれと言った趣味も無いので、できる事といえば某掲示板で釣りスレたてるぐらいです。

 

嫌がらせのように女神光臨スレをたてては多くのハ○を釣って遊んでましたね。

 

この時ほど大物の○ゲがつれたことはありませんでしたね。

 

ええ、極上のハゲばかりが釣れて、とても充実したGWを過ごさせてもらいました。

 

。。。。。

 

 

。。。

 

 

。。

 

 

 

そして三日後の午前5時20分!

 

ハゲ釣りに飽きた私は、ローションをポッケに入れて、
ドキドキワクワクしながら歩いて五分の公園に向かいます。

 

人気のない公園の、本当にだれもいないトイレの裏に向かいます。

 

俺の妹は元気だろうか?
風邪などひいてないだろうか?
中国で伝説のキノコとして再発見されてはいないだろうか?

 

そんな私の心配をよそに、初々しい妹は三日前のその場所で、
ひっそりと、すこしだけ退屈そうに、そこにいます。

 

手に取るまえに、じっと眺めてみました。

 

三日前と同じピンク色ですが、その様子は明らかに異なっています。

 

裏返しにして干しているので、ペニスと接触するホールの内面がむき出しになっているわけですが、
この表面少しだけポツポツとあわ立ち、明らかに表面のコーティングがはげているのです。

 

『これはもしかして、もしかすると、もしかしたんじゃないか?

いや、でも、もしかしたら、もしかしてないかもしれない・・・』

 

そんなわけの解らないことを呟きながら、私は目の前の妹ちゃんに触れてみます。

 

『ぷにゅっ!』

 

その感触は、これまでの妹ちゃんとは明らかに異なっていました。

 

従来のそれが『ぷにっ』であったのに対し、

 

今日、今、そのときのそれは、

 

『ぷにゅっ!』

 

なのです。

 

違うのは音だけじゃなくて、『!』も付いてくるって所なんですが、
これは覚醒後の初々しい妹にだけ認められる特徴です。

 

・・・・・

 

ため息が出ました。

 

安堵の声もでました。

 

そして、目から汗が少しだけ出ました。

 

『ついに、初々しい妹が、俺だけの妹に進化してくれた。

 

いや、違う、、、覚醒してくれたんだ!』

 

ボタン

 

私は勝ちました。

 

圧倒的な勝利です。

 

同時にそれは、皆さんの勝利でも有り得ます。

 

なぜならこの日記を読んでくれた皆さんは、もう無駄な努力をする必要が無いんです。

 

これまでに幾多の男が、妹の覚醒を目指して厳しい訓練に参加し、
その殆どが海の藻屑と消え去りました。

 

妹の覚醒を夢見て、でも現実化することなくこの世を去りました。

 

ですが、この記事を読んでくれている皆さんは、
もう答えを手に入れているのです。

 

たった三日で初々しい妹を覚醒させる術を、あなたは知っているのです!

 

ボタン

 

ボタン

 

注;この物語はフィクションであり、実在の人物、名称とはほんの少しだけしか関係がありません。

関連ページ

【第一話】覚醒前の処女の妹ちゃん
初めましてお姫さま・・・
【第二話】一発やってみて、思ったこと・・・
ふぅ、処女は頂いたわけですが・・・
【第三話】朝、昼、晩と一日三回抱いてみた。
あら、また来たの?
【第四話】一ヶ月後、まだ覚醒しない...orz
2chで覚醒するとの口コミから人気に火がついた初々しい妹というオナホールですが、これって本当に覚醒するんでしょうか?実際にネット通販で購入して口コミを検証してみました!
【第五話】なるほど、こんな裏技が!これでかつる!
2chで覚醒するとの口コミから人気に火がついた初々しい妹というオナホールですが、これって本当に覚醒するんでしょうか?実際にネット通販で購入して口コミを検証してみました!